ZEROtoSUMMIT とは

水流ラン

 いつからか、川ぞいばかりを走っている。信号がない。走る者をおびやかす車もいない。ぼくをどこかに連れていき、思わぬ出会いや発見をもたらしてくれる。それになんたって気持ちがいい。
 コースもテーマも自分次第。いつ始めてもいいし、途中でやめたっていい。暑ければとびこみ、気のすむまで景色を眺め、おもしろそうな人がいたら話しかける。そうやって、できるだけ寄り道をする。それをぼくは、水流ランと呼んでいる。

水流ラン

 いつからか、川ぞいばかりを走っている。信号がない。走る者をおびやかす車もいない。ぼくをどこかに連れていき、思わぬ出会いや発見をもたらしてくれる。それになんたって気持ちがいい。
 コースもテーマも自分次第。いつ始めてもいいし、途中でやめたっていい。暑ければとびこみ、気のすむまで景色を眺め、おもしろそうな人がいたら話しかける。そうやって、できるだけ寄り道をする。それをぼくは、水流ランと呼んでいる。

ZtS

 山頂に降りおちたひと粒の雨は、地をはい流れをつくって沢となり、川となり、やがて海にそそぐ。その流れをたどり、河口から山頂まで走る。
 この “ZEROtoSUMMIT” (ZtS) は、自然と地理の探求であり、社会と文化の探訪であり、まだ見ぬ地平線の向こうをのぞきに行く旅である。

ZtS

 山頂に降りおちたひと粒の雨は、地をはい流れをつくって沢となり、川となり、やがて海にそそぐ。その流れをたどり、河口から山頂まで走る。
 この “ZEROtoSUMMIT” (ZtS) は、自然と地理の探求であり、社会と文化の探訪であり、まだ見ぬ地平線の向こうをのぞきに行く旅である。

ZtS 47

日本全国の最高峰まで海から走る

 全国四十七都道府県の最高峰にむかって、ひとつの水流だけをたどって海から走る。
これが “Zero to Summit 47” (ZtS47) である。
 各都道府県の風土や歴史にふさわしい川の流れをえらんで海からたどれば、
何かが見えてくるだろう。
 川えらびからはじめるのでやたらと時間はかかる。正解なんてない。
誰でもできることだけど、たぶん誰もやったことがない。だったらぼくがやるしかない。

 全国四十七都道府県の最高峰にむかって、ひとつの水流だけをたどって海から走る。
これが “Zero to Summit 47” (ZtS47) である。
 各都道府県の風土や歴史にふさわしい川の流れをえらんで海からたどれば、
何かが見えてくるだろう。
 川えらびからはじめるのでやたらと時間はかかる。正解なんてない。
誰でもできることだけど、たぶん誰もやったことがない。だったらぼくがやるしかない。

その他の水流ランプロジェクト

源流ラン

 ZtSは海と山をつなぐ水流をたどる旅だが、一本の川に焦点をあてて、四万十川や長良川などの名流を河口から源流まで走る。
 この川の一生をたどる源流ランは、ZtSよりも人間くさい旅になるかもしれない。もちろん世界の川にも源流を求めに行く。

大分水嶺ラン

 山形県最上町の境田は、日本海にも太平洋にも流れる唯一の水源である。この流れをたどれば、水流を離れることなく海と海をつなぐことができる。
 大分水嶺をまたいで、こちらとあちらの自然と文化と歴史を越えて、海から海へと走り抜ける。そんな大分水嶺ランも、水流ランの大きなテーマのひとつである。

日々の水流ラン

 日頃から大河や名流ぞいだけを走っているわけではない。むしろ、足もとの小さな流れをいつも気にしている。
 桜並木のある水路、子どもと渡った小川、電車の上から見た川。それがどこからどこまで流れるのかを知るために走る。そんな日々の水流ランをぼくは大切にしたい。

Others

 

お問い合わせ







お問い合わせ内容